投稿者「apit」のアーカイブ

IPアドレスを設定する際の注意点

緊急地震速報アラーム+で同時配信機能(TCP)やHue連携機能の設定画面にIPアドレスの
項目がありますが、指定のIPアドレスが変わるとアクセス出来なくなるため、ルーターの設定で
IPアドレスを固定してください。同時配信機能(TCP)を利用する場合はサーバー側の
IPアドレスを固定してください。なお、IPアドレスを固定する際には装置の
MACアドレスが必要です。

IPアドレスを固定する手順は次のとおりです。

  1. IPアドレスを参照する
    • 同時配信機能(TCP)でサーバーのIPアドレス
      サーバー側のPCで [Windowsキー]+Rを同時に押す→cmd→ipconfig→IPv4 アドレスをメモ
    • HueブリッジのIPアドレス
      Hueアプリ→設定→わたしの Hue システム→Hue ブリッジ 右端の i→IPアドレスをメモ
  2. MACアドレスを参照する
    サーバー側やHueブリッジと同じネットワーク上のPCで [Windowsキー]+Rを同時に押す→cmd→arp -a→1.で参照したIPアドレスに対応するMACアドレスをメモ
  3. ルーターの設定画面でIPアドレスの固定設定を開き、1.と2.でメモしたIPアドレスとMACアドレスを指定して設定を反映させる

緊急地震速報アラーム+の専用PC向け設定集

Windows 11 ProのPCを緊急地震速報アラーム(+)の専用PCとする際にハマった所が
ありましたのでメモとして記しておきます。参考になりましたら幸いです。
なお、Windows 11 Homeを利用されている方はグループポリシーが設定できないため、
グループポリシーで設定する項目は対応するレジストリをWeb検索して設定してください。

  • バックグラウンドでの動作を許可する
    [Windowsキー]とRを同時に押す→gpedit.msc→コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→アプリのプライバシー→Windowsアプリのバックグラウンド実行を許可する→有効
  • ディスプレイに通知画面を即表示させる
    • スタートボタン→設定→アカウント→サインイン オプション→追加の設定→しばらく操作しなかった場合に、もう一度 Windows へのサインインを求めるタイミング→常にオフ
    • [Windowsキー]とRを同時に押す→gpedit.msc→コンピュータの構成→管理用テンプレート→コントロールパネル→個人用設定→ロック画面を表示しない→有効
    • スタートボタン→設定→個人用設定→ロック画面→スクリーン セーバーの設定→スクリーン セーバー→なし
  • ネットワーク接続を維持する
    • 検索バーにcontrolと入力→コントロールパネル→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→PCI Express(がある場合)→リンク状態の電源管理→電源に接続: オフ
    • USBにネットワークアダプタが接続されている場合: 上記の詳細な電源設定の変更からUSB設定→USB のセレクティブサスペンドの設定→電源に接続: 無効 とし、スタートボタンを右クリック→デバイス マネージャー→ユニバーサル シリアル バス コントローラー→(ルートハブとコントローラーのそれぞれに対して)→プロパティ→電源の管理→電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする→チェックを外す
    • スタートボタンを右クリック→デバイス マネージャー→ネットワーク アダプター→対象のネットワーク アダプタを右クリック→プロパティ→電源の管理→電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする→チェックを外す
  • モダンスタンバイを無効にする
    [Windowsキー]とRを同時に押す→regedit→次のキーを作成
    キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PlatformAoAcOverride
    種類: DWORD
    値: 0
  • L10SやSNPを起動させておく場合: ストレージの電源を維持する
    検索バーにcontrolと入力→コントロールパネル→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→ハード ディスク→次の時間が経過後ハード ディスクの電源を切る→電源に接続: なし

また、グループポリシーやレジストリを変更した後はPCを再起動して変更を反映させてください。

おすすめソフト: SendKeys.exe

緊急地震速報アラーム(+)のコマンド実行機能でアプリケーションにキーを
送信したいとき、SendKeys.exeがおすすめです。

使用例:
・WordやExcelのファイルを保存する
SendKeys.exe /all “- Word” “[Ctrl]s”
SendKeys.exe /all “- Excel” “[Ctrl]s”

・OBSの録画を開始する
SendKeys.exe “OBS ” “[F1]”

移転しました

サイトを移転しました。

旧: http://wsparkle.s1008.xrea.com/
新: https://www.w-sparkle.com/

これからもよろしくお願いいたします。

Philips社のスマートライトHueの制御機能を実装

緊急地震速報アラーム+(XP向けを除く)にPhilips社のスマートライトHueを制御する機能を
実装しました。音声と連動して光ります。

グループを制御対象としますので、複数のライトを同時に制御できます。
なお、緊急地震速報アラーム+からHueを制御するには、Hueブリッジが必要です。

デモ動画はこちら。

L10SとSNPから取得可能な情報

緊急地震速報アラーム+では、L10SとSNPから情報を取得し通知することが可能です。
L10SとSNPから取得可能な情報の種類を記しておきます。

  • L10S
    推定震度、猶予時間、震央、深さ、マグニチュード、最大震度、エリア
  • SNP
    推定震度、猶予時間、深さ、マグニチュード

なお、音声通知では詳細情報(震央、深さ、マグニチュード、最大震度、エリア)はL10Sから
取得し、SNPの推定震度と猶予時間を優先して通知します。

緊急地震速報アラームがテレビに映りました

2022年3月11日にフジテレビ系で放送された「わ・す・れ・な・い」にて
東日本大震災でThe Last 10-Secondと緊急地震速報アラームが通知して揺れが
到達するまでを撮影された方のYouTube動画が放映されました。
(放送では38分25秒あたりから、TVerでは25分過ぎとのことです)

放映されたYouTube動画はこちらと思われます。(TOM Suzuさんの動画、YouTube)

常時稼働PCのシステム要件

当方では、緊急地震速報アラーム+をノートPCで常時稼働させております。
常時稼働させているPCのスペックを記しておきます。

・CPU
 Intel Atom Z540 1.86GHz
・メモリ
 DDR2 SDRAM 2GB
・ストレージ
 SSD 64GB
※仮想メモリは設定していません
※The Last 10-Secondは起動させていません(別PCで起動しています)
※サウンドファイルは既定のものを設定しています

緊急地震速報アラーム、緊急地震速報アラーム+ 専用PCとし、サウンドファイルは既定のものを
設定するのであれば、上記のスペックと同等以上のシステムで常時稼働できると考えます。

※上記のスペック以上で動作を保証するものではありません。スペックにはある程度の余裕をみてPCを選定してください。

配信ソフトでの配信用設定

緊急地震速報アラーム+に、配信ソフトでの配信を念頭に置いた設定を追加しましたので、
配信ソフトにOBSを使用する場合の設定について記しておきます。
なお、検証時のOBSのバージョンは27.1.3 (64bit)です。

  • 音声通知の設定
    DirectSoundを利用する場合は出力先をプライマリサウンドドライバーに設定
  • 画面通知の設定
    最初に表示される通知画面をキャプチャします。
    アラームの音声通知を利用する場合は「最初の通知画面を音声に一致させる」にチェック
    非速報受信時は通知画面を配信画面に入れたくない場合:
     OBSのウィンドウキャプチャで方法をBitBltに設定
     ただし高DPI環境でキャプチャする場合はサイズが小さくなり画質が落ちるようです。
    非速報受信時でも通知画面を配信画面に入れてもよい場合:
     OBSのウィンドウキャプチャで方法をWindows 10に設定
     アラームの「最初の通知画面を自動でクローズしない」にチェック
     ただし通知画面を一旦閉じると速報を受信しても再び配信画面には表示されないようです。
     →OBS バージョン27.2.3にて再び配信画面に表示されることを確認しました。

メール送信機能のSSL対応状況

緊急地震速報アラーム、緊急地震速報アラーム+にはメール送信機能がありますが、
SSL通信への対応状況が異なりますので記しておきます。

  • 緊急地震速報アラーム
    SSL通信・・・非対応
  • 緊急地震速報アラーム+
    SSL通信・・・対応

また、Gmailのメールアドレスからは、セキュリティが厳しいため緊急地震速報アラーム+でも
メールを送信できません。ご了承ください。